忍者ブログ

3年以内に世界チャンピオン

インラインスケートのスピードスケートで世界選手権優勝を目指す。
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10
[09/18 まょ♪]
[02/21 hiroqui]
[02/21 Q]
[02/19 HIROQUI]
[02/18 まょ♪]

2017/09/24/19:29
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    2007/10/08/07:49
    年齢のはなし

    ベトナムのグエン・ベトさんが6日、肺炎で亡くなりました。


    「ベトちゃんドクちゃん」のニュースは衝撃的で、僕の一番古い社会のニュースの記憶です。


    アメリカとソ連(当時)の代理戦争となったベトナム戦争。
    ゲリラ戦に手を焼いたアメリカ軍が、ベトナム人ゲリラの隠れ場所をなくそうと散布した枯れ葉剤が、直接・間接に人体に蓄積され、その影響で奇形児がたくさん誕生しました。

    その中で、日本で象徴的に取り上げられたのが、双子のベトちゃんドクちゃんです。

    たしか、首から下部分がくっついてしまっていて、日本の病院でその分離手術をしたのだったかな。

    普通、2、3センチだってメスを入れる手術は恐ろしいけど、彼らは体の半分です。
    よく耐えられたなと思います。


    戦争の是非(全面的に悪いと思いますが)や、彼らの人生について語るのは別の機会に譲ります。



    手術を乗り越えた双子の一人、ベトさんは26年の生涯を閉じました。



    そう、今まで知らなかったけど、僕と同い年なのでした。

    なんだか同い年の知り合い(合ってはいないけど)が亡くなったような気分です。

    6日は僕は自転車の大会で、元気に走り回ってました。

    それぞれの世界があるので、良い悪いの話ではなくて、
    ただ、今僕が怪我も病気もなく、事故もなく、無事に生きているのは、
    それだけで幸運なことなんだな、と強く感じます。


    そういえば昨日
    レース終了後の下山中、目の前の人のカーボンホイールがブレーキの摩擦熱でとけて大破、時速70キロで転がって血だるまになっていました。

    僕も自転車で下山してるので、全く他人ごとではなく、いつ同じ事故になってもおかしくなく、ビビりながらの下山でした。
    (ブレーキ使わなきゃいいんだけどね。先導がいて追い越せないからブレーキ使わざるを得ず)



    まあ、そんなことに限らず、日常だって事故の可能性は沢山あります。
    それらを全てかわして生きているのは、それだけで奇跡です。

    だからこそ、めいっぱい生きなけりゃあもったいない!

    これからも奇跡が続くといいな



    努力は幸運を呼ぶ!


    拍手[0回]

    PR

    • コメント:0
    • トラックバック: 0
    URL
    FONT COLOR
    COMMENT
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    PASS

    TRACK BACK

    トラックバックURLはこちら
    侍 SAMURAI FACTRY : 忍者ブログ : [PR]

    TEMPLATE : "SOUTH HOLIDAY" CREATED BY CLOCKWORK LIFE
    COPYRIGHT © hiroqui ALL RIGHTS RESERVED.