忍者ブログ

3年以内に世界チャンピオン

インラインスケートのスピードスケートで世界選手権優勝を目指す。
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08
[09/18 まょ♪]
[02/21 hiroqui]
[02/21 Q]
[02/19 HIROQUI]
[02/18 まょ♪]

2017/07/27/13:49
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    2010/03/15/12:58
    day 41 / ハローズ文具は日曜定休

    午前中は熊谷でTokyo Elite Inline Skate School
    体操
    ジョグ
    ストレッチ
    アップ20分
    2000m×5本

    が終わったらダウンする間もなく車に飛び乗る。

    実は、今年度で学校がなくなるのです。
    20年ほど前毎日通っていた小学校が、少子化の波を受けて廃校になるそうな。
    その小学校の思い出を語る会というのが有志主催で開催されることに。
    開校からの約25年ほどの間に関わった人(卒業生やその家族、教員、職員など)が集まりました。
    といっても大きく告知があったわけではなかったので、体育館に入るくらい。
    みんな忙しいのね。地方にいる人もいるだろうし。


    結局僕の代で集まったのはN君、WさんとY君と僕と併せて4人。


    15年ぶりに会う同級生、しかも小学校(中学も一緒だったけど)というのは、その他の人間関係とちょっと違っていて、
    ・知られたくない(恥ずかしい!)過去を共有している。(もう取り繕えない!!)
    ・でもお互い様だし同い年だから全然気にしない。
    ・そしてそれのみが(恥ずかしいだけの過去ではないけれど)共有点。

    当時のイメージと変わってないなぁと思うこともあるけれど、皆その後の今までの人生が加味されていて、決して同じではないのですね。
    反対に相手にとって自分はどういう存在だったのかというのもちょっと考えたことでした。
    まあ、自分で言うのもなんですが、当時もし僕が僕の同級生だったら、

    友だちにはなれません!

    (わがまますぎ!)

    と思う。
    みんなすごくいい人だったんだなぁ。
    そしてみんな今もとてもいい人たちだった。
    覚えててくれてありがとう。(T□T)



      
     

    拍手[0回]

    PR

    • コメント:0
    • トラックバック: 0
    URL
    FONT COLOR
    COMMENT
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    PASS

    TRACK BACK

    トラックバックURLはこちら
    侍 SAMURAI FACTRY : 忍者ブログ : [PR]

    TEMPLATE : "SOUTH HOLIDAY" CREATED BY CLOCKWORK LIFE
    COPYRIGHT © hiroqui ALL RIGHTS RESERVED.