忍者ブログ

3年以内に世界チャンピオン

インラインスケートのスピードスケートで世界選手権優勝を目指す。
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08
[09/18 まょ♪]
[02/21 hiroqui]
[02/21 Q]
[02/19 HIROQUI]
[02/18 まょ♪]

2017/07/23/13:54
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    2007/07/06/21:29
    Unive world on wheels Hoogeveen

    [date] 05 july 2007
    [place] Hoogeveen (North holland)
    [weather] coudy,cold
    [road surface] concrete with gravel,a little bit slippy

    今日の降水確率は90%。だったのに降らなかった。
    レースは普通の街中を仕切って1.5kmくらいの周回コースが作られてた。
    ボクのチームはtimmermanのもう一つの方(白と黄色のユニフォーム)で、会場で初めてチームメイトとご対面-。
    tedはスゴイヤツ(らしい。シンキが言うには)だけどたくさん話かけてきてメチャ良いやつだった。(本当は最初,見ためがガリ勉クンぽかったので[大丈夫なのかなあこの人]って思ってたんだけど。)
    他はpeterとdirkと....forgot...

    ぼくらのレースは午後8に開始!レース会場には六時半には着いてアップやらお話しやらしてたらスタートまで10分になってしまった。慌ててタイヤを替えてted達と1周回って来たらもうスタート。
    今回は最初のレースだからとりあえず集団から離れずにゴールする事が僕のやること.とtjurke(markのお兄さんでマネージャー)に言われてたので。まずは様子を見つつ、集団の中盤から前半に隠れてた.
    スタートからペースは特急で日本のレースの速い時ペースで進んでた。
    ついて行く事は出来るけどレースをするには前の前の前の方まで行かなくちゃ意味がない.
    日本とかこのあいだのアジアマラソンと違って力がみんな近くてそして強い・みんな逃げる力を持ってるみたい。 だからそこから前へ行くのは結構大変そう.その点レースをしているシンキは偉いなあ.

    3周くらい回ったところで何か変な音が聞こえて来た。何かと思ったらボクだった。ボクのフレームがカチカチ言ってた。
    アリャードウシチャッタノカシラーやばいわねん.ととりあえず右のタイヤのネジをチェックして見たけど、ペースが速くて思うようにチェックできない。コーナーの度にカチカチ言うし、1ヶ所路面がすごく荒い所があってそこを通る度に音が大きくなってる気がした。 とちゅうで[おまえさんフレームおかしいよ ]ってたぶんオランダ語で言われるし, このまま走って壊れたらあと3レースなんもできないなあとかウダウダ考えて数周走ってたけど、やっぱり止めることにしてしまった。
    チーム的には走った方が良い(別に何か役割を果たす訳けではないけど)だろうし、その方が悔いも残らなかっただろうけど、でも壊れてたらやっぱり後悔してたろうな。
    走行時間20分あまり・初歩の初歩のミスをしてしまった。
    一応ついて行けそうな感触はつかめたけど、穴があったら入りたい気持ちでいっぱいだった。しかも間の悪いことにはぼくがレースを止めた時に中継のオジサンが[hiroki totori from japon!]とか派手に宣伝してくれたので皆大注目。(hiroki totoriはオランダ人には読みづらいらしく最初詰まってた)
    ネジはちゃんと締めたつもりだったけど、慌ててたのでもしかしたら締まってなかったのか或いはすごく荒い所の振動で緩んじゃったのか、両方かな。次からは3回くらいチェックして出ることにしよう。

    レースの本筋はTimmermanPowerslideにとって最高の一日だった。途中の逃げにはシンキが良く反応していたし、ラストスプリントではゲーリーがgoodなポジションをゲットしたようで,NEFITの速いシュートくん(?)の後ろにローナン,カーロと入ってゴール手前でカーロが差して優勝.ローナンも3位に入った。
    シンキは第1集団で11位。それでもすげいね。

    なっちゃんのレースは結構ばらけていて、途中男子と重なったりしながら速いペースで展開してたみたい。今日はいつもと違う作戦で一人で cadomotosをおっかけて消耗しないようにみたいな感じ.なっちゃん曰く,いつゴールなのか分からなかったらしいけどみんなのスプリントに反応して2位でゴール。ところが,1位でゴールした選手が走路妨害か何かで降格になったため、1位に昇格!おめでとう!



    今日は珍しく日本語で書いてみました。めんどくさいな。

    拍手[0回]

    PR

    • コメント:2
    • トラックバック: 0

    無題

    文章、臨場感があってとてもおもしろい!実際のレースにでてるみたいな気分になったよ。
    今回のレースは残念だったけど、課題が見つかってよかったね。そうか考えると優勝する選手はそのレースでただ早かっただけじゃなく、それまでに起こるであろう沢山のアクシデントの可能性をすべてクリアしたということになるね。
    どんなに失敗しても それを課題にすれば必ず改善されるよね。そんなワタクシは今日仕事で失敗しちゃいました(笑) アスリートもデザイナーも一緒かもね。お互いどんどん課題クリアしてそれを力にしていこうぜ!

    • 2007年07月07日土
    • ムジカ
    • 編集

    無題

    nakanaka omouyouni ikanai monode
    konndo ha hure-mu ga kowarete kitayo...
    kankyou ni nareru kotoga itiban daiji dane!!

    donna miss mo yamenakereba bankai dekirumono ganbarou ne

    • 2007年07月12日木
    • hiroqui
    • 編集
    URL
    FONT COLOR
    COMMENT
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    PASS

    TRACK BACK

    トラックバックURLはこちら
    侍 SAMURAI FACTRY : 忍者ブログ : [PR]

    TEMPLATE : "SOUTH HOLIDAY" CREATED BY CLOCKWORK LIFE
    COPYRIGHT © hiroqui ALL RIGHTS RESERVED.