忍者ブログ

3年以内に世界チャンピオン

インラインスケートのスピードスケートで世界選手権優勝を目指す。
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11
[09/18 まょ♪]
[02/21 hiroqui]
[02/21 Q]
[02/19 HIROQUI]
[02/18 まょ♪]

2017/10/18/07:16
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    2010/04/30/15:45
    おていれ

    昨日は熊谷雨でしたね〜。
    みんなぐじょぐじょになったと思います。
    靴も、ウエアもベアリングも。
    お手入れ方法をざっくりまとめておきます。
    今からやっても、手遅れかもしれませんが、今後のために。
    方法は我流ですのでよろしくない部分もあるかもしれませんが、僕はとりあえず困っていません。


    【靴】
    泥は雑菌牧場です。
    ほっといて乾いたら最悪です。

    脱いだらすぐに紐を外して、流水でこすり洗い。
    手でもいいからこすって、内側のバックスキンから茶色をなくしましょう。
    フレームは、シャフトのネジ穴に砂が残りやすいので、流水でよく流します。
    砂が残っていると、回すたびにネジの山が減って緩みやすくなります。

    洗ったらすぐ干します。
    フレームに紐を通すなどして、入り口が下になるように干すと水が抜けやすいです。

    水気はできるだけ拭き取ります。


    【タイヤ】
    流水で洗います。
    表面の泥を落としましょう。
    ベアリングがハマる部分の泥はよく落としておきます。


    【ベアリング】
    ガラス瓶に入れます。
    水を入れて、シェイク。(傷つくので上下ではなくて、まわすように。)
    泥の色がなくなるまで繰り返し。

    ・グリスベアリングの場合
    すぐに乾かせば、そのままでも意外と大丈夫です。(グリスがちゃんと残っていれば)
    ※下記のパーツクリーナーをかけると回らなくなるので注意

    ・オイルベアリング・グリス切れのベアリング
    シールドを小さなマイナスドライバーで外しちゃって、パーツクリーナーで泥・油を飛ばします。
    これで9割復活。
    オイルを注入して完了。

    パーツクリーナーはドイトとかホームセンターで200円とか300円とか、お菓子並みの値で売ってます。

    以上ざっと。

    翌日まで洗濯できなかったウエアは泥の跡がぁああああ(;口;)
    ベアリングは翌日手入れでも復活♪

    拍手[0回]

    PR

    • コメント:2
    • トラックバック: 0

    ベアリング。。。

    あの日の午後、全てを水洗いして天日干しにし、
    でもベアリングにだけ、オイルを差し忘れて帰宅したら、
    もうオシャカになっていて、どえりゃ~叱られました。
    一応、埼玉カップ用に、本番用ベアリングだったので…。

    痛恨のミスでした。

    でも、誰かにオイルをお借りするにも、
    ”3人分”って申し訳なくて、借りられません。

    • 2010年05月03日月
    • asat@mama
    • 編集

    無題

    ベアリング残念ですね。
    良いベアリングなら今からでも手入れしてみてください。
    100%は難しいですが、しっかりやれば90%くらいは戻りますよ。

    当日オイルがない時は、水で洗って、手で回して水気をとってティッシュや布でくるむ。これだけでも多少はよいですよ。
    錆よりも泥の方が邪魔ですから。
    僕のはもともと良いベアリングではなかったのですが、翌日まで手入れする時間なくて、でもしっかりやったら元より良くなりました。。。(笑)

    • 2010年05月03日月
    • HIROQUI
    • 編集
    URL
    FONT COLOR
    COMMENT
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    PASS

    TRACK BACK

    トラックバックURLはこちら
    侍 SAMURAI FACTRY : 忍者ブログ : [PR]

    TEMPLATE : "SOUTH HOLIDAY" CREATED BY CLOCKWORK LIFE
    COPYRIGHT © hiroqui ALL RIGHTS RESERVED.